猫のあれこれ

猫の言葉

っていっても猫語じゃないよ。猫って慣用句の中に結構出てくるんです。そんな一部をご紹介。

【猫をかぶる】
本性を隠しておとなしくしていること。
【猫の額】
ネコの額が小さく狭いことから、狭小な土地を言う。
【猫かわいがり】
むやみやたらにかわいがること。
【猫背】
ネコが座った時や敵を威嚇する際の背が丸いことから、人が前かがみになった姿勢を言う。
【猫舌】
熱い食べ物が苦手なこと、またはその人。
【泥棒猫】
他人の家の食べ物を盗むネコ。そこから転じて、妻子ある男性と関係を持つ女性に対して使う。
【猫に小判】
大切な物の価値がわからないこと、または人。
【猫に鰹節】
即座に餌食にされてしまうような、非常に危険なこと。
【猫ばば(猫糞)】
猫が排泄物に土をかけて隠してしまうことから、拾い物を隠してごまかすこと。
【猫の手も借りたい】
役に立たないネコにも手伝ってほしいくらい忙しいこと。
【借りてきた猫】
よその家に行った時などにおとなしくしている様。
【鳴かぬ猫が鼠を捕る】
実力のある者は、普段はそれを表面に出さない。「能ある鷹は爪隠す」に同じ。
【猫に紙袋】
後ずさりすること、手も足も出ないこと(猫に紙袋を被せると前進せずに後に下がるため)。
【猫は3年の恩を3日で忘れる】
犬は3日飼えば3年恩を忘れない」と言う。イヌに比較してネコの「個人主義」を揶揄した言葉。

「猫に紙袋」って…可愛いけど可哀想な絵面だよねぇ…

ご意見・ご感想こちらからどうぞ